本文へスキップ

品質管理はデータに始まり、データで終わります。

  1. トップ>
  2. 相関・回帰>
  3. 相関係数r=0でも2変数間に関係がある

相関係数r=0でもany correlation coefficient r = 0


(目次)

 1. 相関関係は直線関係
 2. 2次的な関係は相関関係が無い

1. 相関関係は直線関係

01 相関関係は直線関係(解説)
 1.相関関係は直線関係について、説明して行きます。
 2.相関関係が有る場合は、直線関係になります。
 3.左図の例は、添加量xと粘度yの例です。
 4.添加量xが増えると、正比例で粘度yが高くなり
  ます。
 5.相関係数r=1.0です。






↑クリックすると拡大します。


2. 2次的な関係は相関関係が無い

02 2次的な関係は相関関係が無い(解説)
 1.2次的な関係は相関関係が無いについて、説明して
  行きます。
 2.2次的な関係は、相関関係が有りません。
 3.左図は、温度xと収率yの例です。
 4.温度70℃の時、収率が90%と最大になります。
 5.数式で示すと、下記の様なxの2次関数です。
  ・y=−0.04x+5.6x−106
 6.相関係数r=0.0です。
 7.上記は相関係数r=0でも、2変数間に関係がある
  場合です。


↑クリックすると拡大します。

8.相関分析を行う時は、相関係数rのみで判断せず、散布図による確認が重要となります。


品質管理ソフトは、下記をクリックして下さい。
本館:エクセル将棋館(品質管理ソフト)

information

姉妹サイトは、下記アイコンを
クリックして下さい。


本館:エクセル将棋館
本館:エクセル将棋館

別館:エクセル株式館 別館:エクセル株式館

スポンサード リンク