本文へスキップ

品質管理はデータに始まり、データで終わります。

  1. トップ>
  2. 多変量解析>
  3. ロジスティック、ロジスティック重回帰

ロジスティック、ロジスティック重回帰multiple


(目次)

 1. ロジスティック重回帰
 2. データ
 3. x2とp及びx2とz*の関係
 4. 考え方
 5. ロジスティック重回帰分析
 6. ロジスティック曲線の当てはめ

1. ロジスティック重回帰

01 ロジスティック重回帰(解説)
 1.ロジスティック重回帰について、説明して行き
  ます。
 2.ロジスティック重回帰は、以下を検討します。
  ・データ
  ・xとp及びxとz*の関係
  ・考え方
  ・ロジスティック重回帰分析
  ・ロジスティック曲線の当てはめ
 3.ロジスティック重回帰は、説明変数が2つ以上に
  なります。


↑クリックすると拡大します。

4.変数は、以下の通りです。
 ・目的変数: 質的変数
 ・説明変数: 質的変数、量的変数


2. データ

02 データ(解説)
 1.データについて、説明して行きます。
 2.左表は、強化ガラスの種類、衝撃の強さを変化
  させた時の不良個数を調査したものです。
 3.表の構成は、以下の通りです。
  ・強化ガラスの種類c: A、A、A
  ・衝撃の強さ   x: B、B、B
  ・試験個数n=30で、不良個数rを記載。
 4.以下、解析手順を記載して行きます。




↑クリックすると拡大します。


3. x2とp及びx2とz*の関係

03 x2とp及びx2とz*の関係(解説)
 1.xとp及びxとz*の関係について、説明して
  行きます。
 2.図1は、xとpの関係を示しています。
  ・x: 衝撃の強さ
  ・p : 不良率
 3.図2は、xとz*の関係を示しています。
  ・x: 衝撃の強さ
  ・z*: 経験ロジット
 4.図1は交互作用が有り、図2は交互作用が無い様に
  見えます。この理由は、次項で説明します。


↑クリックすると拡大します。


4. 考え方

04 考え方(解説)
 1.考え方について、説明して行きます。
 2.不良率pの場合は、加法性が成立しません。
  ・lnを使用すると、加法性が成立します。
  ・pが小さい: ln(p)
  ・pが大きい: -ln(1-p)
 3.ロジットzの場合は、加法性が成立します。
  ・z=ln(p)-ln(1-p)=ln(p/(1-p))
 4.経験ロジットz*は、ロジットzと同じです。
 5.この様にして加法性の問題で、交互作用の有無が
  発生します。


↑クリックすると拡大します。


5. ロジスティック重回帰分析

05 ロジスティック重回帰分析(解説)
 1.ロジスティック重回帰分析について、説明して
  行きます。
 2.cは質的変数なので、ダミー変数に変換して
  解析します。
 3.左式は、経験ロジットz*の回帰式となります。







↑クリックすると拡大します。


6. ロジスティック曲線の当てはめ

06 ロジスティック曲線の当てはめ(解説)
 1.ロジスティック曲線の当てはめについて、説明して
  行きます。
 2.左図は、観測されたpとその推定値p−hatの
  グラフです。
  ・横軸: 衝撃強さ x
  ・縦軸: 不良率  p、p−hat






↑クリックすると拡大します。


品質管理ソフトは、下記をクリックして下さい。
本館:エクセル将棋館(品質管理ソフト)

information

姉妹サイトは、下記アイコンを
クリックして下さい。


本館:エクセル将棋館
本館:エクセル将棋館

別館:エクセル株式館 別館:エクセル株式館

スポンサード リンク