本文へスキップ

品質管理はデータに始まり、データで終わります。

  1. トップ>
  2. 多変量解析>
  3. 回帰モデル、モデルの改善例2

回帰モデル、モデルの改善例2model improvement2


(目次)

 1. モデルの改善例2
 2. モデル式の選択
 3. 時系列データの回帰分析

1. モデルの改善例2

01 モデルの改善例2(解説)
 1.モデルの改善例2について、説明して行きます。
 2.モデルの改善2は、以下の手順を行います。
  ・モデル式の選択
  ・時系列データの回帰分析








↑クリックすると拡大します。


2. モデル式の選択

02 モデル式の選択(解説)
 1.モデル式の選択について、説明して行きます。
 2.モデル式を作成した後に、そのモデルが理論に従う
  かを検討する事が重要です。
 3.左式の上部は、家賃、面積、築後年数でモデル式を
  作成したものです。
 4.左式の下部は、築後年数に補正を掛けています。
 5.この様にして、モデル式は最も正しいと思われる
  ものに変えて行きます。




↑クリックすると拡大します。


3. 時系列データの回帰分析

03 時系列データの回帰分析(解説)
 1.時系列データの回帰分析について、説明して行き
  ます。
 2.収率yを温度x1、時間x2から予測する例を記載
  します。
 3.時系列データでは、説明変数の時間をそのまま使用
  すると、ズレが生じる場合が有ります。
 4.この様な場合は、説明変数の補正が必要です。
  下記は、説明変数に1時間の補正を行った例です。
  ・x=x2+



↑クリックすると拡大します。


品質管理ソフトは、下記をクリックして下さい。
本館:エクセル将棋館(品質管理ソフト)

information

姉妹サイトは、下記アイコンを
クリックして下さい。


本館:エクセル将棋館
本館:エクセル将棋館

別館:エクセル株式館 別館:エクセル株式館

スポンサード リンク