本文へスキップ

品質管理はデータに始まり、データで終わります。

  1. トップ>
  2. 多変量解析>
  3. 重回帰、単純なデータによる検証

重回帰、単純なデータによる検証validation


(目次)

 1. データ(1)の場合
 2. データ(2)の場合
 3. データ(3)の場合

1. データ(1)の場合

01 データ(1)の場合(解説)
 1.データ(1)の場合について、説明して行きます。
 2.左表のデータは、説明変数間の相関が無い場合
  です。
  ・r12=0.000
 3.この場合は、重回帰分析と単回帰分析で、回帰係数
  及び回帰平方和が等しいです。






↑クリックすると拡大します。


2. データ(2)の場合

02 データ(2)の場合(解説)
 1.データ(2)の場合について、説明して行きます。
 2.左表のデータは、説明変数間の相関が有る場合
  です。
  ・r12=0.636
 3.この場合は、重回帰分析と単回帰分析で、回帰係数
  及び回帰平方和が異なります。






↑クリックすると拡大します。


3. データ(3)の場合

03 データ(3)の場合(解説)
 1.データ(3)の場合について、説明して行きます。
 2.左表のデータは、説明変数間の相関が有る場合
  です。
  ・r12=−0.636
 3.この場合は、重回帰分析と単回帰分析で、回帰係数
  及び回帰平方和が異なります。






↑クリックすると拡大します。


品質管理ソフトは、下記をクリックして下さい。
本館:エクセル将棋館(品質管理ソフト)

information

姉妹サイトは、下記アイコンを
クリックして下さい。


本館:エクセル将棋館
本館:エクセル将棋館

別館:エクセル株式館 別館:エクセル株式館

スポンサード リンク